携帯サイト

携帯に送信

2022年(令和4年)成人式レンタル ご予約受付スタート!

お待たせしました。最新作が勢揃いです!!

2022年(令和4年)成人式、ご予約受付を開始致しました。
対象は

★当ホームページもしくはひだっちブログをご覧になった方
★さるぼぼ読者様
★当店DMをご持参の方

に限定となります。
お電話でご来店予約の際に、その旨をお伝え下さい。

最新トレンドのものから、古典的な柄まで様々なデザインの振袖を取り揃えました。
小物合わせや前撮りなどのご相談も承っております。


尚、2023年度先行予約受付は来年度夏頃を予定しております。

こちらの情報もチェック!!

 2020.8.8 本日より~成人式 中振袖 ☆ 内覧会~ 開催!!!


〜ちはやふる「最新作」特設ページOPENしました〜


2021 成人式特設サイトOPEN しました!


〜ひだっちブログ

 2019.10.19 ちはやふる×JAPAN STYLE 

 2019.10.16 2021 成人式中振袖 特設ページがOPEN

STUDIO Bianca 「スタジオ ビアンカ」

Furisode Furi-Furi

2021 成人式特設サイト

SEI-JIN-SHIKI


※2023年(令和5年)成人式のご予約は、2021年夏ごろからのご試着予定となっております。
 毎年新作の入荷予定がございますので、今暫くお待ち頂きたく、お願い申し上げます。

成人式

ご成人、おめでとうございます!

寿々裳では、成人式振袖や紋付・袴、メンズタキシード等のレンタルを多数取り揃えて
おります。

成人式は現在一月の第二月曜日に置かれている国民の祝日で、成人を迎える若者を
祝う日になっています。
飛騨地方では、あえて成人式を夏に行うところや、お正月の時期に祝うところも
あります。


成人式に本来どんな意味があるのか、その歴史や意義について考える・・・

成人式は1946年から行われるようになりました。
しかし、それに類する通過儀礼は昔から行われており、それが「元服」と呼ばれる儀式で、
主に16歳の男子がそれまでの髪型を大人の髪型へと替えるイベントになっていました。
女性の場合は元服はありませんでしたが、それとは別の「裳着(もぎ)」と呼ばれる通過儀礼があり、
裳と呼ばれる腰下の着物を付けるための儀式でした。
この通過儀礼を過ぎると、大人の女性として認められ、結婚する事もできるようになりました。
元服と裳着はいわゆる上流社会の通過儀礼でしたが、一般大衆にも成人式に当たる通過儀礼があり、それは
褌祝と呼ばれていました。
これは、かつては褌が一人前の男性しかつけることが出来ない下着であった事に由来しており、16歳が近づくと
褌を初めて締めて、大人の仲間入りをするという儀式だったようです。

このように、古来より子供が大人の仲間入りをする儀式は特にめでたいこととされており、「冠婚葬祭」の「冠」は
この特別な通過儀礼を指す言葉になっているのです。